2012年8月23日木曜日

ぼくのかえりみち



絵本のあらすじ
そらくんは小学生。ある日、学校の帰り道にそらくんは白い線の上だけを通って家まで帰ろうと思います。その途中にはそらくんを誘惑するようなさまざまなことがあります。時には白い線の上を塞がれていることもあります。でもそらくんは、機転をきかせてクリアーしていきます。やがてもうすぐ家に着こうとするところで白い線はなくなってしまいました。どうする、そらくん・・・?

絵本の感想
学校の帰り、家の近くの友達と話しながらということが多いですが、一人の時いつもと違うことをしてみたくなります。うんと想像力を働かせて歩くと、いつもと違った風景が見えるかもしれません。お家に帰ったそらくんはお母さんにどんなお話をするのでしょうね。